「iOSのバージョンが古くてAppStoreからインストールできません。」

まったく使ってなかったiPhone4(iOS7.1.2)にLINEを入れようとしたらAppStoreでこんな警告が表示されました。

なぜこんな古いスマホにLINEを入れようとしているのかというと、使っていたスマホが壊れたから。

新しいスマホを買うまで、この古いiPhoneにLINEなどよく利用していたアプリを入れて使いたいんです!

で、いろいろ試してみたら、iPhone4にLineアプリをインストールすることができました!

この方法を使えば、iOS9よりも古いiPhoneやiPadにLINEだけでなく、他のアプリもインストールすることができます。

もし、あなたにも使っていない古いiPhoneやiPadがあるなら再利用できるかもしれません。

それでは、古いiPhoneにLINEを入れる方法を紹介していきます。

※動作を保証するものではありませんので、実行する場合は自己責任でお願いします。



新しいiOSを入れて下さいと表示されてインストールできない理由

古いiPhoneにアプリをインストールしようとすると、このような画面が表示されることがあります。

このアプリケーションにはiOS8.0が必要です。

古いiPhoneにアプリを入れられない理由は、AppStoreで配信されているアプリが最新iOSにしか対応してないからです。

わたしがインストールしようとしたLINEアプリもAppStoreから「入手」→「インストール」とタッチすると、「このアプリケーションにはiOS8が必要です。」と出てインストールできませんでした。

AppStoreでLINEアプリの情報に表示されている互換性のところを見てみると、「iOS8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。」と書かれています。

互換性の表示

わたしがインストールしようとしているiPhone4はiOS7.1.2となっており、iOSのバージョンが古いです。

なので、iOSバージョンをiOS8以上にアップデートすれば、LINEアプリを入れることができます。

しかし、ここでiOSバージョンの対応機種という問題が出てきます。

わたしが使っているiPhone4はiOS7までしか対応していません。

なので、iPhone4でiOS8以降に対応と書かれたアプリを入れることはできません。

しかし、そのアプリが過去にiOS7に対応したバージョンを配信していれば、過去バージョンをインストールすることができます。

つまり、AppStoreで配信されている最新版のLINEアプリは、iOS8以降が必要ですが、これから紹介する方法を利用すれば、iOS7のときに配信された旧バージョンのLINEをiPhoneにインストールすることができます。

この方法はLINEアプリだけでなく、他のアプリでも同じように使えます。

古いiOSで動作する旧バージョンのアプリをインストールする手順

古いiOSバージョンのiPhoneに旧バージョンのアプリをインストールする手順を説明していきます。

  1. パソコンにiTunes(バージョン12.6)をインストールする
  2. パソコンのiTunesからAppStoreを表示して、アプリの最新版をダウンロードする
  3. iPhoneからAppStoreを表示してアプリをダウンロードする

1.パソコンにiTunes(バージョン12.6)をインストールする

まず、パソコンのiTunesのバージョンを12.6にします。

WindowsでもMacでもどちらでも大丈夫ですが、iTunesのバージョンは12.6じゃないと駄目です。

既にパソコンにiTunesのバージョン12.7以降が入っている場合は、12.6をインストールし直してください。

なぜiTunes12.6が必要かというと、2017年9月13日から配信されたiTunesバージョン12.7以降では、AppStoreにアクセスできなくなっているからです。

そのため、仕事でiOSを使っていてAppStoreにアクセスできずに困っているビジネス環境向けにアップルがiTunes12.6を配布しているので、それを利用します。

なので、iTunesがすでに入っている場合は、データのバックアップを取って置くことをおすすめします。

「iTunes12.6」はこちらからダウンロードできます。

https://support.apple.com/en-us/HT208079
※2018年5月30日にダウンロードしたiTunes12.6.5でもできました。

いつまで配布されているかわからないので、突然リンク先がなくなるかもしれません。
iTunes12.6.3が欲しいなら、今のうちってことですね。

ここで配布されているiTunesは、自動アップデートがされないバージョンなので、12.7にアップデートしたいときは、手動でアップデートする必要があります。

また、iTunes12.6にするとアップルのサポートは受けられないので、やり方をアップルのサポートに聞いても答えてくれませんので注意してください。

上のリンクをクリックすると「Deploy apps in a business environment with iTunes」の画面になります。

iTunesのダウンロード場所

ファイルのダウンロードは、青い文字で書かれている「Mac」「PC 32-bit」「PC 64-bit」の部分をクリックします。

■iTunes12.6をダウンロードする場所
Mac版iTunes → Mac
Windows版iTunes(32ビット) → PC 32-bit
Windows版iTunes(64ビット) → PC 64-bit

ここからは、「Mac」でダウンロードした場合で説明していきます。

「Mac」と書かれたところをクリックすると『次のファイルを開こうとしています』画面が表示されます。
「アプリケーションで開く」を選択して「OK」ボタンを押してください。

次のファイルを開こうとしています(iTunes12.6.5.dmg)

iTunesのフォルダが開くので、「Install iTunes.pkg」を開きます。

インストールファイル

iTunesのインストール画面が開くので、「続ける」ボタンをクリックします。

ようこそiTunesインストーラへ

iTunesの新機能の画面になります。「続ける」ボタンをクリックします。

iTunseの新機能

インストール先の画面になります。「インストール」ボタンをクリックします。

標準インストール

インストールの許可画面になります。ユーザー名とパスワードを入れて「ソフトウェアをインストール」ボタンをクリックします。

インストールしようとしています

インストールが始まりますので、しばらく待ちます。

iTunesインストール状況

インストールが完了しました。

インストールが完了しました。

「Launchpad」または「アプリケーション」からiTunesを起動します。

iTunes12.6のAppStore画面

2.パソコンのiTunesからAppStoreを表示して、アプリの最新版をダウンロードする

iTunesを起動しても「App」がメニューに表示されない場合があります。
その場合は、これから説明する方法で「App」をメニューに追加してください。

「ミュージック」と表示されているところをクリックしてメニューを表示します。

AppStoreの表示がない場合

一番下の「メニューを編集…」をクリックします。

「メニューを編集」をクリック

「App」の項目にチェックを入れて「完了」をクリックします。

「App」のところにチェックを入れる

これで、メニューに「App」が表示されます。

右上の「検索窓」で「LINE」と入力してアプリをダウンロードして入手します。

無事にアプリがダウンロードできると、iTunesのライブラリにアプリが表示されます。
この時点では、最新版のアプリがパソコンにダウンロードされている状態です。

3.古いiPhoneからAppStoreを表示してアプリをダウンロードする

次にアプリを入れたい古いiPhoneのAppStoreを表示します。

AppStoreからアプリをダウンロードするので、ネット接続ができるようにしておいてください。

このとき、パソコンのiTunesからAppStoreを利用したときと同じAppleIDを使います。

iPhoneのiTunesからインストールしたいアプリを表示すると「入手」ボタンのところが「雲」のアイコンに変わっていることを確認してください。

雲のアイコンに変わっている

この「雲」のアイコンをタッチすると旧バージョンのダウンロード確認画面が表示されます。

このAppの旧バージョンをダウンロードしますか?

「このAppの旧バージョンをダウンロードしますか?
現在のバージョンではiOS8.0以降が必要になりますが、互換性のある旧バージョンの中から最も新しいバージョンをダウンロードできます。」

「ダウンロード」をタッチすると、iPhoneにインストールされているiOSバージョンで使えるアプリの旧バージョンがインストールされます。

以上が、古いiOSのiPhoneにLINEの旧バージョンを入れる方法です。

お疲れ様でした。

これでLINEが使えますよ!

わたしのiPhone4(iOS7.1.2)にインストールしたLINEのバージョンは6.7.0でした。

ついでなので、引き出しの奥の方にあったiPodTouch(iOS6.1.6)も試してみると、こちらも無事にLINE(5.0.1)がインストールできました。

まさかiOS6のiPodTouchにも入れられるとは!

LINEの旧バージョンがいつまで使えるかわかりませんが、このiPodtouchも再利用できるかも。

まとめ

パソコンにiTunes12.6を入れて、アプリをダウンロードすることで、古いiPhoneに旧バージョンのアプリを入れることができました。

わたしの場合は、スマホの故障によって、古い機種を一時的にでも使えないかと調べたのがキッカケでしたが、この方法を使えば、使えないと思っていた古いiPhoneやiPadなどのiOS機器を再利用できます。

古いiPhoneを仕事用に安く買ってきて連絡用に使いたいなんてときに覚えておくと役立つかもしれませんね。