インターネットでサイトを見ていただけなのに、いきなり警告画面が出てパソコン操作ができなくなる。

「怪しいサイトをそんなことになるんだよ」

と思うかもしれませんが、最近では普通のサイトを見ただけでもウイルス感染をすることがあります。

今回は、そんな普通のサイトを見ていただけなのに感染したという警告が出るサポート詐欺について紹介します。



ダイニーバンクトロイアンに感染しています。

ビジネス系の会員サイトを表示しようとしたら、いきなりウイルスに感染しているという音声が流れてきました。

これまで音声でウイルス感染を警告されたことがなかったので「何だこれは?」と焦りました。

何が起きているのか一瞬わからなかったので、ウイルスに感染したという警告画面をよく見て、音声をよく聞いてみました。

ウイルス警告の画面がこれ。

ウイルス感染の警告画面

ユーザー名をパスワードの入力を求められていますが、文字化けしています。
後ろの画面には、フリーダイヤルの電話番号が記載されています。

音声の内容は、同じことを繰り返し言っています。
どんなことをいっているのか、全て書き出してみます。

マイクロソフトセキュリティアラーム エラーナンバー dw6vb36
あなたのPCはダイニーバンクトロイアンに感染しています。
このウイルスはクレジットカード情報、facebookのパスワード、その他の個人情報をリモートipアドレスを通して、ハッカーに送信します。
フリーダイヤルで当社に今すぐお電話ください。
我々のマイクロソフトサポートエンジニアが、お電話でウイルスの削除方法をお教えします。
お電話される前にこのページを閉じた場合、我々は当初のネットワークが、さらにダメージを受けないよう、パソコンを無効にし、サイバーセキュリティにレポートします。

「パソコンを無効化って、セキュリティ対策のためにそんなことするわけないだろ」

とツッコみを入れたくなるような、すごい事を言ってます。
こんな無茶苦茶なことをマイクロソフトがやるわけないです。

やったとしたら、炎上どころか、テレビニュースでも取り上げられて社会的な大問題になりますよ。

そもそも、わたしが使っているパソコンはWindowsではなく、Macです。

なのでOSのサポートはマイクロソフトではなくアップルになります。

このことから、ウイルスや詐欺の類だとわかりますし、フリーダイヤルなのに電話番号が「0120」から始まっていなかったり、海外から国際電話をするときの日本の国番号(81)が付いた電話番号が表記されていたりと怪しさ満載です。

しかも、「キャンセル」や「×」ボタンをクリックしてもこの画面を閉じられません。

「ウイルスに感染した」とパソコンを遠隔操作するサポート詐欺

どうしたもんかな、と考えてながら、だいぶ前にテレビで見たウイルス感染を解除するというサポート詐欺のことを思い出しました。

わたしは電話しませんでしたが、詐欺ということを知らないパソコンに慣れていない人だと、こんな警告画面と音声が流れたら電話してしまっておかしくないです。

調べてみると、Youtubeにはこの電話番号に電話した動画があって、片言の日本語を話す外国人が出てきてウイルス除去の方法を教えてくれます。

ウイルス除去の方法としては、パソコンを遠隔操作するためのソフトをあなたのパソコンにインストールさせて、遠隔操作でウイルスを解除します。

そして、ウイルス感染の危険を回避するために、高額なサポート契約を薦めてくるという流れです。

この電話対応で警告の表示が消えたとしても遠隔操作のソフトをパソコンに入れるって、とっても怖いです。

ウイルス除去のための遠隔操作と言っていますが、そのソフトがウイルスかも知れないです。

見ず知らずの人にパソコンの遠隔操作をさせるのは思いもよらない被害を受ける可能性があるので、不用意にやらせてはいけません。

そもそも、ダイニーバンクトロイアンって何?

音声で言っているウイルス「ダイニーバンクトロイアン」ってなんだろう?

と調べてみましたが、サポート詐欺のために作られた偽のウイルスのようです。

なので、警告で言っているようなクレジットカードの情報などをハッカーに送信するようなものではないです。

ブラウザを閉じてしまえば特に問題はありません。

警告画面が消えないときの対処方法

このウイルス警告の画面を閉じる方法は、ブラウザを閉じれば良いです。

ただ、警告表示のタイミングによってはブラウザを上手く閉じられないことがあるので、タスクマネージャーを使ってブラウザを終了する方法を紹介しておきます。

Windows10を使っている場合は、[Ctrl] + [Alt] + [Del] キーを同時押しして[タスク マネージャー]をクリックします。

タスクマネージャーの起動

[タスク マネージャー]の画面が表示されるので、警告表示が出ているブラウザ「Internet Explorer」か「Microsoft Edge」を選択して[タスクの終了]ボタンをクリックします。

タスクマネージャーの画面

タスクマネージャーが上手く表示できない場合は、パソコンを再起動しても警告表示を消せます。



ウイルス感染の警告が出た原因は?

今回のウイルス感染したという警告画面が表示されるようになった原因は何だったのか考えてみます。

ネットで怪しいサイトを見ているとサイト利用料や会員登録をしろという振り込め詐欺の表示が出ることは有名ですが、今回のサポート詐欺の場合は、怪しいサイトを見ていなくても表示されることがあります。

実際、わたしのパソコンで表示されたときも怪しいサイトではなく、ビジネス関係のサイトを見ていたときです。

ウイルスの警告画面が表示される原因は、特定のページを表示したときだと思っていたのですが、もう一度同じページを表示しても警告画面は出ませんでした。

現象を再現できなかったので、どういう条件や原因で発生するのかは特定が難しいです。

ただ、このウイルス感染の警告画面はWindows、MacなどのOSに関係なく表示されます。

iPhoneやアンドロイドなどのスマホでも表示される可能性があるので注意して下さい。

まとめ

この偽のウイルス感染の警告は閉じてしまえば問題ありません。

ですが、念のためにセキュリティ対策ソフトでウイルス感染していないかスキャンチェックをしておいた方が安心です。

今回は、重大な被害にはなりませんでしたが、いつパソコンがウイルス感染してもおかしくないので、もし、セキュリティ対策ソフトをまだ入れていないなら、この機会に入れておいておくことをおすすめします。