稼げるパソコン資格

資格を持っているだけで、年間100万円稼げます。

ウソではなく、本当の話です。

この100万円は会社から支給される「資格手当」です。

「資格手当なんて、せいぜい5,000円。よくて1万円程度でしょ?」

と、普通なら思いますよね。

わたしもそう思ってました。

でも、パソコン資格の中には、月1万円以上の資格手当がもらえるものが数多くあります。

どんな資格が高額な資格手当がもらえるのか?

実際に会社に掲載されている情報を元に調べてみました。



高額な資格手当がもらえるパソコン資格ランキング

資格手当の金額をホームページで公開している会社をネットで調べてみました。

複数の会社を調べていたら、あっという間に数時間かかってしまいました。

資格手当の高い順にランキングにしてみました。

それぞれの資格で最低価格と最高価格を記載してます。

いずれの資格も経済産業産業省認定の国家資格です。

順位資格資格手当(月額)
1ITストラテジスト20,000〜150,000円
2システム監査技術者20,000〜100,000円
2プロジェクトマネージャー18,000〜100,000円
4システムアーキテクト15,000〜75,000円
5ネットワークスぺシャリスト15,000〜50,000円
5データベーススぺシャリスト15,000〜50,000円
5エンベデッドシステムスぺシャリスト15,000〜50,000円
5情報処理安全確保支援士(旧名:情報セキュリティスぺシャリスト)15,000〜50,000円
5ITサービスマネージャ18,000〜50,000円
10応用情報技術者15,000〜25,000円
11基本情報技術者5,000〜10,000円
12ITパスポート試験3,000円

調査日:2017年3月

なぜ、資格をもっているだけで資格手当がもらえるのか?

もし、あなたが資格手当をもらうなら、働いている会社からもらいます。

資格手当を支給する会社からすれば、余計な人件費の負担になるので、できれば出したくないはずです。

それなのに、なぜ、会社は資格所持者に資格手当を出すのでしょうか?

理由は大きく分けて2つあります。

  1. 資格所持者が多数いることで、顧客からの信頼を得られる
  2. 優秀な人材を集めやすい

資格所持者が多数いることで、顧客からの信頼を得られる

ここの資格ランキングで紹介したパソコン資格は全て国家資格です。

国家資格には、裁判官・弁護士・検察官になるための司法試験や、医者になるための医師試験などがあります。

パソコン資格も司法試験や医師試験と同じように国が認めているのですから、技術やスキルの裏付けができます。

資格取得者がいない会社と、資格取得者が大勢いる会社を比較して、どちらの方が安心して仕事を依頼できるか?

そう考えれば、会社に資格取得者がたくさんいた方が、お客さんへのプレゼンや営業活動はしやすいですよね。

優秀な人材を集めやすい

高額な資格手当がもらえる資格は合格率が10%台の難易度の高い資格ばかりです。

資格に合格できる人が、10人に1人か、2人しかいないのですから、資格取得ができた人は優良な人材です。

そんな優秀な人が就職する時の判断材料として、資格手当がある会社とない会社ではどちらに入りたいと思うか。

ほとんどの人は仕事をするなら少しでも高い給料をもらいたいと考えますよね。

わたしが資格所持者なら、間違いなく、資格手当が高いところから応募します。

高い給与や資格手当を支給すれば、それだけ優秀な人材が集まるし、離職率も低くなります。

資格取得一時金だけで100万円もらえる

資格手当をしている会社によっては、資格手当の内容がより充実しているところもあります。

資格手当は、資格所持者だけの特典のように思われがちですが、実は資格手当には3つの種類があります。

■資格手当3つの種類

  • 資格手当・・・資格所持に対しての手当
  • 資格取得助成制度・・・資格取得のための勉強費用に対して
  • 資格取得一時金・・・資格に合格した時にもらえる合格祝い金

会社によって、資格手当と資格取得一時金がある、資格手当だけなどけっこう内容が違います。

中には、ITストラテジストの資格取得一時金が100万円という会社もありました。

資格取得を目指しているなら、会社に就職するときは資格手当の内容を絶対に確認しておきましょう。

まとめ

資格取得は自分自身のスキルアップだけでなく、資格手当だけで収入を増やせる可能性があります。

もし、資格手当が月1万円だったとしても、年間だと12万円です。

資格手当だけで年に1回は海外旅行できますよ。

しかも、その会社で働いている限りずっともらえます。

10年間働き続ければ、120万円です。

パソコン資格がないと就職できないという仕事はほとんどないですが、資格があると収入面で有利になることだけは確かです。

もし、これから就職や資格取得を目指すなら、資格取得の助成制度や合格祝い金のある会社を探してみましょう。