Windows10の標準機能だけでバックアップする方法(2021年版)

バックアップをクリック

Windows10では標準でファイルのバックアップ機能があります。
しかし、Windows10は何度もバージョンアップがされて、数年前とは画面の表示が変わってきたので、バックアップの方法を改めてまとめておきます。

今回紹介するのは、2020年1月時点のWindows10(バージョン:20H2)でのバックアップのやり方です。

Windows10で使える4つのバックアップ

Windows10には、4つのバックアップ方法があります。

・OneDriveにバックアップ
・ファイル履歴を使用してバックアップ
・ファイルのバックアップ
・システムイメージの作成

「OneDriveにバックアップ」以外は、OSが入っているドライブ(記憶装置)とは別にHDDやSSD、CD-R、DVD-Rなどが必要になります。

それぞれの違いをまとめるとこうなります。

バックアップの種類OS・アプリ個人データ
(文書・写真)
OneDriveにバックアップ×
ファイル履歴を使用してバックアップ×
ファイルのバックアップ
システムイメージの作成

バックアップの優先順位

バックアップの種類がいろいろあるので、どれを優先したら良いのかがわかりにくいと思います。

消えてしまったら困るものを優先します。

書類や写真、イラストなどの制作したデータですね。

なので、【OneDriveにバックアップ】をしながら、【ファイル履歴を使用してバックアップ】をして、一週間程度の間隔で【ファイルのバックアップ(システムイメージを含む)】をやっておくと良いです。

これらのバックアップは一度設定すればあとは自動でやってくれるのでほったらかしで大丈夫。

ただ、最初にちゃんとバックアップできているか確認しておかないと、いざという時に復元できないなんてことになりかねません。

バックアップは設定だけでなく、バックアップが取れていることもしっかり確認してください。

バックアップ設定画面の表示

バックアップの設定画面は、以下のようにして開けます。

[スタートメニュー]→[設定]をクリックします。

スタートメニューをクリック

「設定」画面で[更新とセキュリティ]をクリック

設定画面で更新とセキュリティをクリック

[バックアップ]をクリックして、バックアップ設定画面を表示します。

バックアップをクリック

OneDriveにバックアップ

保存しておきたいファイルをOneDriveフォルダに入れることで、クラウド上にファイルが保存されます。

パソコンが壊れてもクラウド上のデータが無事なので、クラウドからデータをコピーして復元することができます。

最大のメリットは、ネットが使える状態なら、パソコンにUSB接続の外付けHDDなどを接続せずにバックアップできること。

ただ、無料で使えるOneDriveの容量は5GBまでで、5GB以上保存したい場合は有料プランへの申し込みが必要。

大量のファイルをバックアップしたり、復元する時は通信速度の影響を受けるので高速なネット回線じゃないと時間がかかるの難点。

ファイル履歴を使用してバックアップ

バックアップした時間のファイルを過去に遡って復元できます。
例えば、バックアップ時間を1日ごとにしておくと、毎日ファイルを保存できます。
間違えてファイルを消してしまっても、昨日のファイルから復元したり、3日前のファイルから復元することができます。
バックアップ対象は基本的にユーザーフォルダなので、OSやシステムのバックアップはできません。

Macでいうと『Time Machine(タイムマシン)』と同じような機能です。

ファイル履歴を使用してバックアップの設定方法

1.バックアップ設定画面を表示する
2.ファイル履歴を使用してバックアップを[オン]にする

ファイル履歴を使用してバックアップの復元方法

1.バックアップ設定画面を表示する
2.[ファイル履歴を使用してバックアップ]項目の[その他のオプション]をクリック
3.[バックアップオプション]画面が表示されるので、一番下までスクロールする
4.[現在のバックアップからファイルを復元]をクリックする
5.復元したい日時のバックアップからファイルを選択して復元する

ファイルのバックアップ

設定した時間にファイルをバックアップします。
バックアップ時にシステムイメージのバックアップもできるので、OSやインストールしたアプリも一緒にバックアップできます。

ファイルのバックアップの設定方法

1.バックアップ設定画面を表示する
2.『以前のバックアップをお探しですか?』項目の
 [バックアップと復元]に移動(windows7)をクリック
3.『ファイルのバックアップまたは復元』画面が表示される
4.[バックアップ]項目の[今すぐバックアップ]をクリック

ファイルのバックアップの復元方法

1.バックアップ設定画面を表示する
2.『以前のバックアップをお探しですか?』項目の
 [バックアップと復元]に移動(windows7)をクリック
3.『ファイルのバックアップまたは復元』画面が表示される
4.[復元]項目の[ファイルの復元]をクリック
5.復元したい日時のファイルを選択する

システムイメージの作成

パソコンに保存されてるデータやOSなどの全てのデータをバックアップします。
その時のOSの状態やデータなど全てのファイルをバックアップします。

システムイメージの作成方法

1.バックアップ設定画面を表示する
2.『以前のバックアップをお探しですか?』項目の
 [バックアップと復元]に移動(windows7)をクリック
3.『ファイルのバックアップまたは復元』画面が表示される
4.左側に表示されている[システムイメージの作成]をクリック

システムイメージからの復元方法

Windowsから実行する場合

1.[スタートメニュー]→[設定]→[更新とセキュリティ]→[回復]をクリック
2.[回復]画面が表示される
3.[PCの再起動をカスタマイズする]項目の[今すぐ再起動]をクリック
4.[オプションの選択]画面が表示される
5.[トラブルシューティング]をクリック
6.[詳細オプション]をクリック
8.[イメージでシステムを回復]をクリック

システム修復ディスク(回復ドライブ)から実行する場合

1.システム修復ディスク(回復ドライブ)からパソコンを起動する
2.[キーボードレイアウトの選択]画面が表示される
3.「Microsoft IME」をクリック
4.[オプションの選択]画面が表示される
5.[トラブルシューティング]をクリック
6.[詳細オプション]をクリック
7.[システムイメージを復元する]をクリック
8.[イメージでシステムを回復]をクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA